結婚していないプレッシャー

結婚したいけど・・・彼氏いないという人へ

結婚したいけど彼氏がいない婚活成功体験談

結婚したいのに彼氏がいない・・・という女の人はかなり多く、厚生労働省の統計でも日本人の結婚率は近年、とても下がっています。特に30歳以上になると女性が結婚できる確率はとても下がります。30歳の時点で彼氏がいない人は危険信号です。今すぐに婚活を始めましょう。

結婚してないことのプレッシャー


うつむいて落ち込む女性

タイミングが合わず彼氏と別れてしまったり、社会人になってから異性と出会う機会がない人は多いと思います。

結婚したくないわけではないのに家族や友人から『結婚しないの?』『いい人いないの?』など、うんざりしていませんか?

このページでは結婚してないことで家族や友人からどんなプレッシャーを受けたか、女性10名の体験談をまとめています。

●結婚のプレッシャーを感じた女性10名の体験談

うつむいて落ち込む女性
女性10名に結婚してないことを家族や友人から指摘されるなど結婚してないことのプレッシャーについて回答してもらいました。

結婚してないことのプレッシャーを感じる意見で多かったのが、年末年始の親戚の集まりや子持ちの集まりに苦痛を感じている女性が多かったです。

埼玉県在住:専業主婦:田舎の主婦さん:32歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
バリバリ仕事をしていた時妹が先に結婚

結婚していないでまだバリバリ仕事をしていた時妹が先に結婚しました。すごくうれしくておめでとうと浮かれていた自分。

両親から妹に先に行かれて悔しくないのかと言われました。別に私には仕事もあるし結婚に前向きでもなかったのでなんとも思っていませんでした。

結婚式に出た際に親せきや友達などから次は頑張らなきゃねとか早く結婚して先に孫見せてあげなよなどいろいろ周りからも言われました。

かなりプレッシャーを感じてしまいました。親せきの集まりにも出にくくなり。結婚している友人にも何か言われるんじゃないかという恐怖です。

なかなか集まりにも参加したくない時期がありました。周りは悪気はないのかもしてないけどいろんな人から言われてるとプレッシャーです

大阪府在住:会社員:やまねこさん:41歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
小さい頃から束縛が厳しい母親にうんざり

小さい頃から束縛が厳しい母親で友達や服装など母親がOKしないとダメという環境でした。私に好きな人ができると、そんな人はやめておきなさいと毎回言われます。

付き合うと彼にケチをつけるようなことばかり言われるため、恋愛は長続きせずに30代前半まで独身のままでした。

また結婚よりも手に職をつけろと母親に言われ続け、国家資格を取得し仕事を頑張ってきました。

周りがバタバタと結婚し始めた20代後半から突如結婚しないと老後が寂しい、子供がいないと老後1人で暮らしていくことになるなどと言いだしました。

突如結婚を急かすようになりました。実家に帰る度に●●ちゃんは結婚しただの、子供が産まれただのと言われるようになり、正直うんざりしています。

岩手県在住:写真家:夢見る夢子さん:32歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
友人たちがSNSに載せている結婚式の写真

仕事があまり人との出会いがないこともあり、結婚に関しては敏感すぎるくらいにプレッシャーに感じてきました。

プレッシャーを感じたのは友人たちがSNSに載せている結婚式などの写真を見る時に感じました。

どんどん周りが結婚しているのに、出会いすらない自分の事を考えるとお先真っ暗な気がして焦りを感じました。

どうしてもアラサーあたりになると友人達との飲み会などでも話題は婚約者や子供の話が多く、そんな時に話に参加できないでいるのが苦痛です。

「○○ちゃんはどうなの?良い人いないの?」などと話を振られる事もありプレッシャーに感じました。

また親戚などの集まりでもどんどん周りの従兄弟たちに家族が増えていく様子がいつもプレッシャーになり苦痛でした。

埼玉県在住:フリーライター:あやにゃんさん:39歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
20代後半の時には結婚しないの?と聞かれ

女性の友達同士の集まりではもちろんのこと男性が一緒の飲み会などでも、20代後半の時には結婚しないの?ということを良く聞かれてまいっていました。

その時付き合っていた彼氏はいましたが、その人と結婚する気はなかったので、顔を見るたびにいろいろな友人から結婚するの?

結婚する気がないのに付き合っているの?というようなことを聞かれとても煩わしい思いをしたのを覚えています。

結婚に対してプレッシャーをかけてくる友人がすでに既婚者であるならば、独身の私を心配して言っているのだと少しは理解ができます。

ですが、同年代の友達でしかもお互い独身であるのに、そのようなことを言われるのは本当に不快で、友人とも会いたくなくなりました。

宮城県在住:営業事務:ゆめさん:25歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
「そういう性格だから」と性格まで否定される

母親からは「早くいい人を見つけなさい」とずっと言われてきていました。しまいには「そういう性格だから」と性格まで否定されるようになっていきました。

その後、母だけにとどまらず祖父母にまで家に来るたびに「自分から動け」等の話をしつこくされるようになっていて、本当に耐えられなくなっていました。

友達との集まりでは、そこまでひどく言われることはなかったのですが、冗談で「まだ出会いがないの?」といわれることが多かったです。

どこに行っても正直居場所がないなと当時は思っていましたし、どうしてこんなに結婚をせかされるのだろうかと…

いら立ちもあり、余計に結婚がすごく嫌になりました。性格までも否定されると余計に自分に詩人が無くなります。

広島県在住:美容師:オカピーさん:34歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
旦那さんの話になったときに会話に入れない

毎年集まる仲間との会話がが彼氏の話から旦那さんの話になっていったときに会話の中に入れない自分がいます。

彼氏が居ても、若い頃は彼氏の話で盛り上がっていたけど、その会話も「付き合ってどれくらい経ったの?」「もうそろそろ結婚しないの?」

必ず結婚の話にもっていかれます。結婚しているお姉ちゃんと比べられ「孫は沢山ほしいなぁー」と一人言ではない、私に聞こえるようにブツブツ言ってました。

家族にはほっといてほしいと言えても友人にはさすがに言えません。結婚式に呼ばれてブーケトスはあまり参加したくないです。

もし受け取ったらすごくプレッシャーになりそう。近いうちに結婚しなさいとブーケに言われてるみたいです。

千葉県在住:ホテルフロント:ハナコさん:24歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
年末に親戚に会うのがいつのまにか苦痛に

結婚していなかった時はよくプレッシャーを感じてました。親戚から「あなたは仕事が続かないんだから、早く結婚でもした方がいいと思うけど?」

「遊ぶのはいいけど、早く良い人見つけないとね」などと言われてきました。私自身は最初そんなに気にしてませんでした。

ですが、年末に親戚に会うのがいつのまにか苦痛になっていました。また、大学の仲良かった友人たちとの久々の集まりもしんどいです。

妊娠の発表があったり、その集まりに来てなかった子でもう1歳児の母になっているということを聞いたりと、日々プレッシャーを感じるようになってました。

更にその子たちからSNSでのフォローがあり、子供の自慢がずっと続くようになり、焦りたくないのに焦るようになってしまいました。

徳島県在住:専業主婦:kmさん:38歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
友人のほとんどが20代で結婚して子供もいた

友人のほとんどが20代で結婚して子供もいたのでだんだん付き合いにくくなり、疎遠になってしまいました。

先に結婚した友人たちが「早く結婚したほうがいいよ」「子供欲しくないの?」とかいろいろと言ってくるので、何とも言えない気持ちになりました。

結婚したくないわけじゃなくて、なかなかできなかったのに。友人や同級生を引き合いに、祖母や親戚などから結婚を急かされるようなことをよく言われました。

実家に帰るのも嫌になりました。とくに法事などで親戚が集まるときはきつかったです。「同年代のいとこにはもう中学生の子供がいるのに」など。

非難されましたし、結婚したらしたで今度は「子供はまだか」と言われるので一緒だと思います。

京都府在住:専業主婦:スマイルさん:41歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
父親から事あるごとに「早く孫が欲しい」と

私は34歳の時に結婚をしました。30歳を過ぎると家族、友人からプレッシャーに感じるような言動があったのですが、特に家族からのプレッシャーは強かったです。

具体的には、父親から事あるごとに「早く孫が欲しい」と言われ、祖父母からは「結婚はどうするの?」と聞かれました。

お盆やお正月など親戚一同が集まるような場は正直行きづらかったです。叔父や叔母までもが遠回しに結婚に関して聞いてきてプレッシャーには感じました。

友人達との集まりでは参加しづらいことはなかったのですが、やはり友人からは「彼とはどんな感じ?」とよく聞かれたので多少はプレッシャーに感じました。

宮城県在住:専業主婦:エイヒレさん:45歳が結婚していないことで感じたプレッシャー
「まだ結婚していないの」と言いたくない母親

母からのプレッシャーの日々。仕事が好きな私が、結婚に対してさほど関心がなかった頃の話です。お付き合いしている男性はいました。

結婚しないでいたのは自分にやりたいことがあったからですが、そんな気持ちを知ってか知らずか結婚しないでいた私に母の「結婚しないの?」の日々が続きました。

母の言い分は友達に会う度に娘さん何しているの?結婚したの?と話題に上るとのことで「ん~まだ結婚していないの」と言いたくないのが母の理由でした。

社交性のある母ですから友達には何度会うことやら…プレッシャーを感じました。母のため?私のため?お付き合いしていた男性との結婚を早めたのは確かです。

●読んでいる人が多い婚活記事の一覧

スマホで記事を読む女性
婚活する時の服装やデートプラン、男性が女性に求める年齢や複数の男性と同時進行で婚活を進めるテクニックなど、読んでいる人が多い婚活記事一覧です。

●結婚したい、彼氏いない人の婚活まとめ

結婚したいけど、彼氏がいない人の婚活方法まとめ
結婚したい、彼氏いない状態を何とかしたいと思っている女性向けに日本人が結婚する平均年齢やおすすめの婚活方法をまとめています。

結婚相談所やネット婚活、婚活パーティーにはそれぞれ時間やお金、労力などメリット・デメリットがあります。

急いで結婚したい人や仕事で時間を掛けられない人、費用を抑えたい人など、それぞれの悩みを解決できる婚活方法を選ぶことが重要です。

結婚したい人、彼氏いない人の婚活方法

 

この記事に関連する記事一覧